ウーマン

デリケートなアナタに敏感肌化粧品を|スッキリと浸透します

ビタミンcの働き

手

ビタミンc誘導体は、体内に入ると酵素の働きでビタミンcとしての効果を発揮します。ですので、体内の酵素量を十分にストックしておくことが大切です。ニキビ跡の方は、特定の種類のビタミンc誘導体が含まれる化粧品を選ぶと改善が見込めます。

詳細を確認する

新しい美容成分

肌ケア用品

apps(パルミチン酸アスコルビル酸3Na)は、新世代のビタミンC誘導体として注目されています。apps化粧水は吸収性が高く、イオン導入と同じレベルで皮膚にすばやく吸収されます。シミやしわを防ぐ働きがあり、簡単にアンチエイジングができます。

詳細を確認する

敏感肌でも使える化粧品

美容液

敏感肌化粧品というものがあることを知っているでしょうか。ドラックストアやインターネットで化粧品を選ぶときに、たくさんある商品のなかに敏感肌化粧品も並んでいます。刺激によって肌が赤くなってしまったり荒れてしまう敏感肌に悩んでいる人が利用することが多い商品です。化粧品には肌タイプ別に作られたものがあります。敏感肌はもちろん乾燥肌や脂症肌など、それぞれの肌質に合った化粧品を使うことで、肌の美しさや健康を保つことができます。自分の肌質を知らない人は、まずはインターネットなどの肌質チェッカーで肌の状態や肌に合った化粧品を探してみましょう。また、肌タイプ別の人気化粧品ランキングを参考にすると商品選びがスムーズです。

肌に合った化粧品を選ぶ人が増えている理由は、肌への負担を減らして素肌の美しさを保つことができるメリットがあるからです。メイクによって美しくなったとしても、肌に合わない化粧品を使うことで肌トラブルを起こしてしまっては意味がありません。化粧品には美容成分だけでなく、商品を安定させるためにさまざまな添加物が配合されています。人によってはこの添加物が肌への刺激になることがあります。外部からの刺激を受けやすい敏感肌の人は、香料や着色料が含まれていない敏感肌化粧品の使用がおすすめです。天然成分だけでつくられた敏感肌化粧品やせっけんは、安心して使うことができるため人気があります。スキンケア化粧品やメイク落としなど肌に触れるものを選ぶ際には、配合されている成分にも注意しましょう。

老化を予防する

クリーム

アンチエイジングのためには、紫外線を浴びないようにしておくと良く、手袋や帽子、遮光カーテンを使うと便利です。ただ、化粧品でアンチエイジングできるのであれば、日常に行なうメイクのついでにできるのでおすすめです。

詳細を確認する